※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

一人ディズニーシー30代40代女性の楽しみ方!おススメの理由&回り方を紹介

一人ディズニーシー30代40代女性の楽しみ方!おススメの理由&回り方を紹介 ディズニー

最近「一人ディズニー」という言葉も昔ほど珍しくなくなってきましたよね?

ディズニーは大好きだけど、一人で行く勇気がないという方も多いと思います。

何年か前の私も同じ気持ちでなかなか一人ディズニーデビューできないでいました。

結局私が一人ディズニーデビューできたのは30代後半の時でした。

一度体験してみれば魅力が分かると思うのですが、その一歩が中々踏み出せない方もいるのではないでしょうか?

そんな不安を持っいている過去の私のような方に少しでも背中を押せるように今回は記事を書いていきたいと思います。

 

Contents

一人ディズニーシー30代40代女性におススメの理由

一人ディズニーシー30代40代女性の楽しみ方!おススメの理由&回り方を紹介

30代~40代になると未婚者であれば、周りの友達は結婚して、家事や育児、仕事に忙しくて誘うのを躊躇してしまったり、仕事でも責任がある立場にあったり、独り身だからこそ全て自分でやらなくてはいけないことが多くて忙しく予定が合わせずらいと思う方が多いと思います。

逆に既婚者子育てをしている女性であれば、友達と予定を合わせていても急に子供が熱を出してドタキャンになってしまう可能性があったり、待ち合わせ時間も朝にある程度の家事をしてから家を出たいとか、帰りも子供が帰って来る前に帰らなくてはいけないなど、時間や予定を合わせるのが大変だと思います。

両者ともに共通しているのは、10代や20代の頃とと違って、友達と予定を合わせて遊びに行くことが難しくなるということだと思います。

しかし、自分の趣味リフレッシュは日々の生活のパワーの源になったり、ストレス解消になったりととても大事な時間だと思います。

その一つが私にとっては「一人でディズニーに行くこと」です。

パークチケット代も上がっているので、お金のかかる趣味にはなってしまいます。

自分のお財布事情と相談し、一か月に何回かいける方もいれば1年、または2~3年に1回のご褒美に行く方もいていいと思います。

その日を目指して日々頑張ることができるのでおすすめです。

 

初めて一人ディズニーに行くときはランドではなくなぜシーをおすすめ?

初めて一人ディズニーに行く時って、楽しみだけど周りの目も気になったりして、ドキドキしますよね。

おそらくこの記事を読んでいるあなたは、一人でディズニーに行って楽しめるかな?と不安に思っているのではないかと思います。

私も不安もありましたが、不安な時期が長すぎて、その間に楽しみの方が勝っていました。

個人的にランドの方が好きなので迷わず初めての一人ディズニーはランドに行きました。

私のように一人ディズニーに対して不安が少ない方は、自分の好きな方のパークに行ってくださいね。

楽しみだけど不安だと思っている方はディズニーシーがおすすめです。

何故かというと、シーの方がお一人様が多いからです。

なぜシーの方がお一人様が多いかと言うと、私個人的な考えですが、一人で入りやすいレストランや、アトラクションも多いですし、キャラクターと写真が撮れるグリーティングもシーの方が多いです。

実際にパークで見るお一人様はシーの方が多いです。

特にショーやグリーティングでは一人で並んでいる女性の方を多く見かけます。

最近では一人の男性も多いですよ。

特に閑散期と呼ばれる、春休み明けの4月の平日ゴールデンウイーク明けから夏休み前の平日お正月明けの1月などは一人の方を多く見かけます。

基本的には平日の方がお一人様は多いですが、土日祝日しか休みが取れない方もいるので安心してください。

パークに行ってお一人様が少ない日もありますが、お一人様を全く見かけなかったことはないので大丈夫ですよ。

そして何より家族連れや、友達同士、カップル皆さん楽しすぎて周りの人の事は殆ど気にしていません。

逆にお一人様の方が余裕があるので人間観察をしているかもしれません。

一人ディズニーシー30代40代女性の楽しみ方&回り方を紹介

一人ディズニーシー30代40代女性の楽しみ方!おススメの理由&回り方を紹介

基本的には一人ディズニーの回り方の醍醐味は自分の好きなように回るなので、誰にも気兼ねすることなく自由に回ってみてください。

来園時間も自由でいいですが、周りの目が気になる場合は、エントランスの人混みが落ち着く時間(その日にもよりますが、大体開園後1時間以上が目安だと思います)に行った方が安心だと思います。

帰る時間も自分の予定や体力に合わせて決めてみてください。

ここではお一人様が集まりやすく、初めての一人ディズニーシーでも楽しみやすい場所を、【キャラクターグリーティング】【ショー】【アトラクション】【レストラン】に分けて紹介しますね。

 

【キャラクターグリーティング】

キャラクターグリーティングは、キャラクターと挨拶をして一緒に(またはキャラクターだけの)写真が取れたり、触れ合うことができる施設です。

こちらは一人ディズニーの方にはかなり人気でどの施設に行っても一人の方を多く見かけます

キャラクターグリーティングで一人でキャラクターに会うのは緊張するかもしれませんが、そんな時は初めて一人で会いに来たことを伝えてみて下さい。

このことは初めての時しか言えないですし、キャラクターもキャストさんも沢山話しかけてくれますよ。

ディズニーシーでキャラクターグリーティング出来る施設は6カ所あります。

 

①ロストリバーデルタにあるグリーティングトレイル(ミッキー)

こちらの施設ではロストリバーデルタのジャングルに囲まれた場所で、古代文明の遺跡や、植物、昆虫などの調査・研究をしているディズニーの仲間に会うことができます。

衣装も探検家をイメージさせる感じで可愛いです。

写真を撮る場所には屋根がありますが、並んでいる場所は屋根が無く屋外なので雨の日や寒い日、暑い日は待ち時間が長いと大変かもしれません。

またジャングルの中ということで、時期によっては蚊など虫がいるのでご注意ください。

同じ場所で他のキャラクターにも会えますよ。

②ロストリバーデルタにあるグリーティングトレイル(ミニー)

ジャングルをの中で調査・研究をしている、可愛い衣装のミニーちゃんと写真を撮ることが出来ます。

ミニーちゃんのテントの中は唯一、生活感もある女の子らしい造りになっています。

テントの中に色々なものがあるので、気になったのもやかわいいと思ったものをミニーちゃんに伝えてみても良いと思います。

 

③ロストリバーデルタにあるグリーティングトレイル(ドナルド)

ジャングルの中を調査・研究中の元気いっぱいのドナルドに会うことが出来ます。

以前こちらの場所ではグーフィーと会うことが出来たのですが、現在はドナルドに会うことが出来ます。

ドナルドのふわふわのお尻、一度は触ってみたいと思っていませんでしたか?

グリーティングの時に、「お尻かわいいね」といと、ほぼ確実に触らせてくれますよ。

 

④アメリカンウォーターフロントのヴィレッジ・グリーティングプレイス(シェリーメイ)

こちらの施設では、のどかな漁村ケープコッドで、ダッフィーのお友達、シェリーメイと写真を撮ることができます。

ディズニーシーと言えばダッフィー&フレンズを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

シーでしか会えないというのがまた魅力的ですよね。

とにかくもふもふで可愛いです。

こちらの施設は撮影場所も待つ場所も屋根があります。

ただ待っている場所は風が通るので暑さや寒さは多少緩和してくれる程度と思っていた方がいいです。

撮影場所は小さな個室になっていて周りからは見えなくなっているので、次の人以外には自分の撮影している姿が見られないのも一人ディズニーではありがたいです。

 

⑤ロストリバーデルタのサルードス・アミーゴス!グリーティングドック(ダッフィー

一人ディズニーシー30代40代女性の楽しみ方!おススメの理由&回り方を紹介

こちらの施設ではラテンアメリカの伝統的な衣装を身に付けたダッフィーとご挨拶して写真を撮ることが出来ます。

ここでしか会えない衣装のダッフィーがとてもかわいいですよね。

こちらの施設は階段を下りた所にあるのですが、階段を下りた所からは屋根があります。

またこちらも撮影は小さな部屋の中に入って行うので次の人以外には撮影中見られることがないので安心です。

 

⑥ディズニーシープラザ(ミッキーまたはミニー)

パークに入ってすぐのアクアスフィアの近くでミッキーまたはミニーと挨拶して写真を撮ることが出来ます。

こちらの施設は撮影可能時間が細切れで、他の施設に比べて終了時間も早いので、希望する場合は公式アプリなどで運営時間を調べてから行くのがおススメです。

またミッキーかミニーと会えるのですが、どちらに会えるかはその時の運次第なので、そこも楽しんでみるのも良いですよね。

 

【ショー】

こちらも一人ディズニーの方が良く集まる場所だと思います。

エントリー受付(抽選)対象ではありますが、ショーによっては初回公演のみ自由席、2回目以降は一部自由席があったりするので、外れてしまっても見ることが出来ますよ。

自由席はどのあたりの席で見たい(例えば前の方)とかその日の混雑状況によってどのくらい前から並んだり待てばいいのかが変わってきますが、そこは一人なので長時間待っていい席で見るのも、ぎりぎりに行ってとりあえず見れればいいのかを全て自由に決めることが出来ます。

待っている間に好きなフードを購入して、ゆっくりパークの景色や音楽を聴きながら待つのも楽しいですよ。

ここで一人で待っているときに問題になるのがお手洗いだと思います。

一人の場合は近くのキャストさんに声をかければ、短時間席を離れることが出来ます。

必ず声をかけてくださいね。

黙って行ってしまうと、レジャーシートと荷物を片付けられてしまう可能性もあるので注意してください。

2024年3月現在行われているショーは4あります。

 

①「ビックバンドビート~ア・スペシャルトリート~」

アメリカンウォーターフロントのブロードウェイミュージックシアターで行われています。

こちらの施設ではミッキーと仲間たちが繰り広げる、スウィングジャズの音楽を中心にしたレビューショーを見ることが出来ます。

コロナ過で休園になる前のショーとは内容が一部変更されています。

こちらは一人で来ている方も多くとても楽しめると思います。

初回公演含め全公演エントリー受付(抽選)対象ですが、2024年3月現在は2階席が自由席なので、抽選に外れても並べば見ることが出来ます。

ブロードウェイミュージックシアターは座席数が多いので、混雑具合にもよりますがショー開始の30分前に並べば見ることが出来る日が多いです(空いてる日だと5分前でも入れます)。

②ジャンボリーミッキー

こちらは先ほど紹介した「ビックバンドビート」に比べると、キッズプログラムということもあって家族連れが多いですが、ショー好きなお一人様も良く見かけます

こちらもエントリー受付(抽選)対象ですが、初回公演は全席自由席、2回目以降は一部自由席なので並べば見ることが出来ます。

ドックサイドステージは座席数がそんなに多くないのですが、比較的ギリギリに行っても自由席が余っていることが多いです。

混雑具合にもよりますが、30分くらい前には並んでおけば安心だと思います。

またこちらのショーは屋外のステージで行われているので、ドックサイドステージの周りからも見ることが出来ますよ。

 

③ディズニー40周年【レッツ・セレブレイト・ウィズ・カラー】

こちらはお昼の時間帯にメディテレーニアンハーバーで行われるハーバーグリーティングを見ることが出来ます。

2023年4月15日~2024年3月31日までの期間は、東京ディズニーリゾート40周年限定「レッツ・セレブレイト・ウィズ・カラー」が行われています。

40周年限定の衣装でミッキー達がご挨拶に来てくれます。

また、ダッフィーシェリーメイ40周年限定の衣装を着た姿はここでしか見ることが出来ません。

ディズニーランドのパレードに比べると規模は小さく感じますが、こちらのハーバーグリーティングでは「七色の意味」がよく分かったり、40周年衣装キャラクターをじっくり見ることが出来ます。

コロナ過になる前は25分位のハーバーショーを行っていましたが、休園明けからは10分位の短い時間でご挨拶という形のハーバーグリーティングが行われています。

ハーバーグリーティングは基本的にはメディテレーニアンハーバーの周りからならどこからでも見ることが出来ます。

見やすい場所で前の方で見たいのであれば何時間か前から待ってみてもいいですし、そこそこ見れればよければ開始ギリギリに行っても見ることが出来ます。

 

④「ビリーブ!~シー・オブ・ドリームス~」

一人ディズニーシー30代40代女性の楽しみ方!おススメの理由&回り方を紹介

こちらの場所は先ほどと同じメディテレーニアンハーバーで2022年11月11日から始まった、に行われる水上ショーになります。

【ビリーブ】は、今のディズニーシーのエンターテイメントの中では一番の目玉だと思います。

ハーバーショーなので公演時間も30分と長く見ごたえがあるショーになります。

こちらのショーは一人につき2500円で購入できるディズニープレミアムアクセス(見やすい場所でショーを鑑賞できるエリアに入れるチケットのようなもの)と自由席があります。

自分の予算と相談しながら観賞場所を考えてみて下さい。

私はお財布事情的に自由席で見るかな、と思います。

 

【アトラクション】

アトラクションを一人でで体験するのって、一番ハードルが高い気がしますよね。

アトラクションに乗らなくても一人ディズニーは十分楽しめると思いますが、せっかく来たならアトラクションも体験してみたいと思う方が多いと思います。

私もアトラクションにも乗りたい派です。

一人でも体験しやすいアトラクションはいくつかあるのですが、その中でも特に一人の方が多い印象があり、楽しめるものを私なりに考え、上位5つを紹介していきますね。

 

1位 ディズニーシー・トランジットスチーマーライン(アメリカンウォーターフロント)

こちらはアメリカンウォーターフロントのケープコッドにあります。

先ほど紹介したシェリーメイとグリーティングできる場所と同じ建物の中にあります。

蒸気船に乗ってディズニーシーをゆっくり一周してくれるアトラクションになります。

船内アナウンスを聞きながら、水上の上からしか見れない素敵なディズニーシーの景色を楽しむことが出来ます。

一人で乗っている方も良く見かけますし、たとえお一人様が自分一人でもさほど気にならないアトラクションです。

比較的待ち時間も少なくて空いていることが多いので、その点でもおススメです。

トランジットスチーマーラインは今回紹介したアメリカンウォーターフロントにある一周コースに加えて、メディテレーニアンハーバーとロストリバーデルタにある半周コースもあるので、移動手段としてもお勧めです。

 

2位 フォートレス・エクスプロレーション(メディテレーニアンハーバー)

こちらは場所がやや分かりにくいのですがメディテレーニアンハーバーとプロメテウス火山の間の通路にあります。

迷路のような要塞やガリオン船を探索するアトラクションになります。自由にお散歩する感じなのでアトラクション感は少ないかもしれませんが、かなりおススメです。

この要塞から見るホテルミラコスタやメディテレーニアンハーバーの景色は最高に綺麗です。

人も少ないので景色を見ながらぼーっとするのも良いと思います。

要塞の中も博物館のような迷路みたいでとても楽しいですよ。

 

3位 シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ(アラビアンコースト)

こちらはボートに乗ってシンドバット、チャンドゥ(ディズニーシーオリジナルのトラ)と一緒に冒険の航海に出るアトラクションです。

ただ冒険の航海と言うだけあってスモールワールドのようにかわいい感じというよりも少し迫力がある感じなので、小さいお子様だと、個人差があると思いますが、怖がってしまう可能性もあります。

大人が体験するにはとても見ごたえがあります。

何といってもこのアトラクション乗車中に流れているBGMの「コンパス・オブ・ユア・ハート」という曲がとても素敵です。

一度聴いたら耳に残るメロディーです。

それもそのはず、こちらの曲を作ったのは、ディズニー映画では有名な作曲家の「アラン・メンケン」さんなんです。

ディズニーシーのこのアトラクションのためだけに作られたそうですよ。

一度聞きに行ってみて下さい。

一人ディズニーを楽しんでいる方の多くはこの曲が好きで、シンドバットに乗りに来る方も多いですよ。

基本的に待ち時間も大体5分くらいで空いていることが多いのもお勧めのポイントです。

 

4位 ソアリン:ファンタスティック・フライト(メディテレーニアンハーバー)

一人ディズニーシー30代40代女性の楽しみ方!おススメの理由&回り方を紹介

こちらのアトラクションはドリームフライヤーというライドに乗って、風邪や匂いを感じながら世界中をめぐる壮大な空の旅ができるんです。

素晴らしすぎて初めて乗った時は、感動して少し涙が出てしまいました。

そして最後には他のゲストも自然とみんなで拍手をしていました。

本当に素晴らしいアトラクションなので、ディズニーシーで一番人気のアトラクションと言っても過言ではないと思います。

ただ、大人気なのでものすごく待ち時間が長いので4位にさせていただきました。

一人ディズニーでアトラクションの待ち時間が2時間近くあると少し辛いと感じる方も多いのではないでしょうか。

ただ2時間待っても乗る価値はあると思いますが、やはり初めての一人ディズニーシーと考えると待ち時間が長いのは少し辛いかなと思います。

ただこちらのアトラクションはディズニープレミアムアクセス(有料のファストパスのようなもの)一人1回2000円で購入することも可能です。

こちらのプレミアムアクセスを購入すれば、待ち時間は殆どなくアトラクションを体験することが出来るので、当日の待ち時間を見て、自分のお財布と相談してみて下さい。

こちらのディズニープレミアムアクセスの購入を検討している場合は、混雑日だと早めに売り切れてしまう可能性があるので、入園後早めに購入した方が、利用時間も選べるのでおススメです。

 

5位 マジックランプシアター(アラビアンコースト)

こちらは映画「アラジン」に出てくるジーニーとマジシャンの面白いマジックショーを3D眼鏡を付けて楽しむアトラクションです。

収容人数も多く、座りながらショーを見るアトラクションなので、好きな席に座って楽しむことが出来ます。

大人数の学生さんやカップルや家族連れの隣が気まずければ、ある程度自分で席を選べるので安心です。

マジックショー事態もとても面白いですし、座り心地のいい椅子なので疲れも癒してくれます。

ただ待ち時間が長い時と短い時の差が大きいので5位にさせてもらいました。

絶叫系も楽しみたい方は

ここまでおススメのアトラクションを5つ紹介させていただきましたが、やっぱりせっかくなら絶叫系も挑戦してみたいと思う方もいますよね。

私も絶叫系は大好きです。

もし絶叫系を挑戦したい場合で、一人でも比較的乗りやすいのは、

個人的にはアメリカンウォーターフロントにある「タワーオブテラー」。

ロストリバーデルタにある「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」がおすすめです。

特にインディ・ジョーンズはシングルライダーと言って、3人組などで一人分だけ空いてる席に案内してくれるシステムもやっている場合があるので、待ち時間も短縮できますよ。

シングルライダーで利用するときは、入り口付近のキャストさんに声をかけてみて下さい。

 

【レストラン】

ディズニーシーのレストランは一人で利用しやすいレストランばかりなので、どこに入っても大丈夫な感じもします。

その中でも特にお一人様が多い印象のあるレストランを5つ紹介していきますね。

①以外の②~⑤のレストランは、ディズニーモバイルオーダー対象レストランです。

混雑時はディズニーモバイルオーダーを利用すれば、レジ待ち時間を大幅カット出来るので、是非利用してみて下さい。

 

①ニューヨーク・デリ(アメリカンウォーターフロント)

こちらは「ビックバンドビート」というショーで紹介したブロードウェイ・ミュージックシアターのお隣にあるレストランになります。

こちらのレストランはお一人様用の席もあるくらい、本当にお一人様をよく見かけます。

メニューももちろんおいしいですが、お一人様での居心地は個人的には一番いいのではないかと思います。

個人的イメージですがスタバも一人でいる方多いと思うのですが、そのような感じです。

こちらのレストランの注意点と言うと、ダッフィーグッズなどの販売日に合わせて、対象メニューを購入すると一緒に付けられるランチケースなどのスーベニアが販売されることが多い店舗なので、販売初日から数日間はスタンバイパス(時間指定の入店整理券)対象の事があります。

そのような日はスタンバイパスを取得するにも朝早くから開園待ちをしなくてはならなかったり、店内も混雑しているのでご注意ください。

 

②ドックサイドダイナー(アメリカンウォーターフロント)

こちらは絶叫系アトラクション「タワーオブテラー」のお隣にあるレストランです。

こちらのレストランもお一人様用の席があります。

こちらの店舗でもお一人様をよく見かけますよ。

「ドックサイドダイナー」はメニューのバリエーションも豊富で、個人的にはメニューだけを見ると先ほどのニューヨークデリよりもこちらのドックサイドダイナーの方がボリュームが多く、食欲旺盛な私には好みです。

こちらのレストランも先ほど紹介したニューヨークデリ同様、日によってはスタンバイパス対象となりますのでご注意ください。

 

③ケープコッドクックオフ(アメリカンウォーターフロント)

こちらはアメリカンウォーターフロントのケープコッドにあるレストランになります。

シェリーメイとグリーティングできる場所のすぐ近くになります。

ショーを鑑賞しながら食事できるエリアと食事のみを楽しめるエリアに分かれています。

2023年7月4日から完全予約制で新たなショー「ダッフィー&フレンズのワンダフルフレンドシップ」が開始されました。

以前キャンセル拾いをして後方席から鑑賞しましたが、とてもかわいらしいほっこりするショーでした。

ちなみにショーレストランなどの事前予約は、お一人様で行った方がかなり取りやすいのもありがたいポイントです。

ショーエリアでお食事する場合は、予めドリンク以外のメニューは決められています。

お食事のみの場合は、通常のレストランのように自分でメニューが選べます。

ハンバーガー系のメニューやダッフィー&フレンズモチーフのデザートを食べることが出来ます。

座席数も多いので、ケープコッドというのどかな漁村の景色の中でゆっくり食事できるので、とても居心地がいいです。

こちらの店舗も日によってはスタンバイパス対象のレストランになりますのでご注意ください。

 

④ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ(メディテレーニアンハーバー)

こちらのレストランではパスタやピザなどのイタリアン料理を比較的リーズナブルにいただく事が出来ます。

味もとてもおいしいものばかりです。

場所はソアリンの前の階段を降りたところにあります。

座席数は多いのですが、入り口付近のレストランと言うこともあり、お昼時やハーバーショー終わりだと混雑することが多いです。

こちらのレストランも日によってスタンバイパスが必要になりますのでご注意ください。

 

⑤ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ(ロストリバーデルタ)

こちらはロストリバーデルタのインディ・ジョーンズアドベンチャーのアトラクションに行く橋を渡る前のところにあるレストランになります。

同じロストリバーデルタにある「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」と場所が混同しやすいのでご注意ください。

ただメニュー的には「ユカタン・ベースキャンプグリル」の方が味もボリューム感もお勧めなので行ってみて下さい。

こちらのおススメポイントは、メキシコの雰囲気漂う店内の内装がとても素敵です。

特に店内1階に降りると外の景色を見ながらゆっくりとした時間を過ごせます。

座席数も多いですし、基本的には空いていることが多い印象があります。

メニューにはディズニーシーで人気の「スパイシースモークチキンレッグ」も売っています。

以前はメキシコっぽいトルティーヤなども売っていたのですが、現在はコーンチップスくらいしかメキシコ感を感じるメニューはありません。

個人的には戻ってきてくれるといいなと思います。

その代わりと言ってはなんですが、こちらの店舗ではダッフィー&フレンズモチーフのメニューを食べることが出来ます。

スーベニア付きメニューも買うことが出来ます。

こちらの店舗も日によってはスタンバイパス対象になりますのでご注意ください。

 

まとめ

一人ディズニーシー30代40代女性の楽しみ方!おススメの理由&回り方を紹介

一人ディズニーシー30代40代女性の楽しみ方やおススメの理由&回り方は参考になりましたか?

なかなか一人で行く勇気がないけど、気にはなってて行ってみたいと思っているあなたの背中を押せていたら嬉しいです。

30代後半になってから益々自分の趣味の時間って大切だなと実感します。

若い時もそれなりに問題は抱えてきましたが、年を取ればそれなりの責任ある問題が増えてきたりして大変だなと思います。

若いころは友達と一緒に遊んでストレス発散したりできていましたが、なかなか予定を合わせるのが大変になったり、時間が作れなかったりしますよね。

お酒が飲める方は、ディズニーシーでお酒をゆっくり飲むのもおすすめですよ。

是非ディズニーシーで素敵な時間を過ごして下さいね。

 

タイトルとURLをコピーしました